Web プロジェクトのテスト・モード

Web プロジェクトをテストするときは、「サーバーで実行」、「サーバーでデバッグ」、 および「サーバーでプロファイル作成」という 3 つの異なるモードを使用できます。

サーバーで実行
このモードは、必要に応じて WebSphere® Application Server インスタンス、 または他のサポート対象サーバーで ZIETrans Web プロジェクトをテストする場合に使用します。このモードでは、runtime.properties ファイルに定義されたランタイム設定を変更およびテストし、 それをランタイム環境にデプロイできます。このモードでテスト中に変更したランタイム設定は保持されます。 この設定は、ZIETrans アプリケーションをランタイム環境にデプロイするときに有効になります。ランタイム設定の変更について詳しくは、「ZIETrans ユーザーと管理者のガイド」を参照してください。

このモードを使用するには、「ZIETrans プロジェクト」ビューでプロジェクトを右クリックし、「サーバーで実行」を選択します。

サーバーでデバッグ
「サーバーで実行」と同じですが、さらに以下を行うことができます。
  • プロジェクトのテスト中に、ディスプレイ端末を使用して、ホスト画面をナビゲートしながら表示する。
  • Rational SDP コンソールにデバッグ・メッセージを表示する。
  • テスト・サーバー上でアプリケーションを再始動せずに、プロジェクトの変更 (テンプレートや変換の変更など) を表示する。
  • runtime.properties ファイルに定義され、ランタイム環境にデプロイされた設定を変更せずに、 runtime-debug.properties ファイルに定義されたランタイム設定を変更およびテストする 。
  • ZIETrans ビジネス・ロジックなどの Java™ コードをステップスルーする。

このモードを使用するには、「ZIETrans プロジェクト」ビューでプロジェクトを右クリックし、「サーバーでデバッグ」を選択します。

サーバーでプロファイル作成
「サーバーで実行」と同じですが、さらに冗長性を排除するため、ほとんどの場合に必要とされる操作を洗い出し、繰り返し実行されるアクションを特定することができます。この機能をパフォーマンス分析に使用して、アプリケーションの理解を向上させるために役立てることができる。

このモードを使用するには、「ZIETrans プロジェクト」ビューでプロジェクトを右クリックし、「サーバーでプロファイル作成」を選択します。