画面イベントの順序付けと使用可能化

ZIETrans アプリケーションは、着信した各ホスト画面を、画面イベントの番号付きリストに照らして検査します。プロジェクトの画面イベントを正しい順序でリストさせることが重要です。例えば、いくつかの特定の画面を認識する画面イベントと、より一般的な画面セットを認識する第 2 の画面イベントがあるとします。第 2 の画面イベントを第 1 の画面イベントの前にリストすると、固有性の高い第 1 の画面イベントを適用したい画面に、第 2 の画面イベントが適用される可能性があります。

プロジェクト設定エディターで、画面イベントを並べ替えたり、検査される順序を確認したりできます。プロジェクトの画面イベントの作成が完了したら、「ZIETrans プロジェクト」ビュー「プロジェクト設定」をダブルクリックします。エディターで、「イベント」タブをクリックします。画面イベントのリストを確認し、順序を変更する場合は、「上へ」ボタンと「下へ」ボタンを使用します。最初に検査する画面イベントがリストの先頭にくるようにします。

リスト内の各画面イベントの隣にあるチェック・ボックスを使用すると、画面イベントを使用可能または使用不可にできます。ボックスを選択すると、画面イベントがアクティブになります。チェック・ボックスをクリアにすると、ZIETrans アプリケーションはその画面イベントを使用しません。いくつかの画面イベントを使用不可にすると、テストやデバッグの際に便利です。 また、使用しない画面イベントが多数ある場合は、それらを使用不可にすると、パフォーマンスが向上します。
注: 画面イベントで「次の画面」の優先順位付けリストを指定し、 パフォーマンスを向上させることもできます。詳しくは、「ZIETrans ユーザーと管理者のガイド」を参照してください。