ホスト画面のテキスト・ストリングを置換

ZIETrans アプリケーションでは、ホスト画面のテキスト文字列を GUI ページで別の出力に置換できます。これらのテキスト・ストリングは、保護テキスト・ストリングになります。つまり、画面上でのみ使用され、ホスト・アプリケーションに入力データとして渡されることはありません。例えば、フィールド・ラベルやプロンプトとして使用されているテキスト・ストリングを 置換することができます。テキストは、別のテキスト、HTML コード ()、またはイメージで置換できます。Java™ 正規表現のサポートは、テキスト置換アルゴリズムの一部として使用できます。テキスト・ストリングは、 ホスト・キーを送信するボタンまたはリンクで置換できます。

テキスト置換は、プロジェクトでさまざまな方法で定義できます。 プロジェクト設定と画面イベントの両方で同じテキストに対して別の置換出力に置換するようにテキスト置換を定義した場合は、画面イベントでの定義が優先されます。画面イベントとコンポーネント・タグ・レベルの両方で同じテキストのテキスト置換を定義した場合は、 コンポーネント・タグ・レベルのテキスト置換が優先されます。

別のテキスト・ストリングを使用するテキスト置換では、元の画面レイアウトを維持しようとします。置換テキストが置換前のテキストより長い場合は、置換テキストを切り捨てて元のフィールド・サイズに合わせます。ただし、テキスト置換フィールドと次のホスト・コンポーネントの間に空白文字がある場合は、置換ストリングは、置換ストリングの次の文字に その空白文字を使用します。

HTML ストリング 、またはイメージでテキストを置換するときは、 元の画面レイアウトが保持されません。置換出力が元のフィールド・サイズに収まらない場合があるためです。このため、GUI での フォーマット結果が望ましくない結果となる場合があります。
注: フィールド・ウィジェットでは、文字ごとに出力をレンダリングできます。このオプションを設定したフィールド・ウィジェットを使用し、イメージで置換するホスト画面のセクションをレンダリングする場合は、望ましくないフォーマットになってしまいます。

テキストを置換対象で置換するときには、予期しない結果にならないように 慎重にテキスト置換をテストしてください。

テキスト置換について詳しくは、「ZIETrans ユーザーと管理者のガイド」を参照してください。