デフォルト・レンダリングの編集

デフォルト・レンダリングは、個別にカスタマイズされなかったホスト画面を変換するためのものです。デフォルト・レンダリングは、画面上のホスト・コンポーネントGUI の ウィジェットに変換するように機能します。デフォルト変換では、変換のために特定のホスト・コンポーネントが 特定のウィジェットにマップされます。マッピング項目のデフォルトのリストは プロジェクトに対して定義されます。このリストをレンダリング・セットと 呼びます。レンダリング・セットは必要に応じて変更できます。

レンダリング・セットの項目は、リストされている順序で処理されます。レンダリング項目がホスト画面の領域に適用されると、その領域は消費され、再度処理されることはありません。

デフォルト・レンダリング・セットにアクセスするには、次の手順を実行します。
  1. 「ZIETrans プロジェクト」ビューで、プロジェクトの名前を見つけます。このプロジェクトに関連付けられたリソースのリストがまだ展開されていない場合は、正符号 正符号 をクリックして展開します。
  2. 「プロジェクト設定」をダブルクリックします。
  3. エディター・ウィンドウの下部で、「レンダリング」タブをクリックします。
  4. レンダリング項目のリストで、「デフォルト・レンダリング」をクリックします。レンダリング・セットのリストが右側の上のテーブルに表示されます。テーブルの横にあるボタンを使用すると、レンダリング・セットを追加、編集、または除去できます。
  5. 上段にあるテーブルで、編集するレンダリング・セットを選択します。右側の下のテーブルには、レンダリング・セットに含まれるマッピング項目が表示されます。

ご覧になると分かるように、レンダリング・セットには、いくつかの項目が定義されています。各項目の前にはチェック・ボックスがあります。ボックスを選択すると、その項目がアクティブになり、ZIETrans が画面でそのコンポーネントを検出した場合にデフォルト変換でその項目が使用されるようになります。プロジェクトで使用しない項目がある場合は、項目を完全に除去するのではなく、 チェック・ボックスのチェックマークを外します。テーブルの横にあるボタンを使用すると、項目の追加、編集、または除去を行うことができます。「上へ」ボタンと「下へ」ボタンを 使用すると、レンダリング項目を並べ替えることができます。

追加のデフォルト・レンダリング項目を定義するには、次の手順を実行します。
  1. 画面キャプチャーから新規デフォルト・レンダリング項目を作成します。作成するデフォルト・レンダリング項目ごとの画面キャプチャーの作成から開始します。詳しくは、「作業にホスト端末画面を使用する」を参照してください。
  2. 「追加」をクリックして、リストに新規項目を追加します。
  3. 「新しいデフォルト・レンダリング項目」 ウィンドウで固有の名前を指定し、必要な場合は、項目の説明を入力します。
  4. 「画面領域の選択」ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. ウィジェットを割り当てるコンポーネントを含む キャプチャー済みの画面を選択します。
    2. 選択した画面のグラフィックで、そのコンポーネントを含む 画面の領域を長方形で囲みます。例えば、左マウス・ボタンを押したままにし、 長方形が所定の領域を囲むまでマウスを移動します。
    3. 「次へ」をクリックします。
  5. 「レンダリング・オプション」ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. コンポーネントのリストからコンポーネントを選択します。必要な場合は、 コンポーネント設定 コンポーネント設定 アイコンをクリックしてデフォルト設定を変更します。
    2. そのコンポーネントにデフォルトのウィジェットとして割り当てるウィジェットを リストから選択します。必要な場合は、 ウィジェット設定 ウィジェット設定 アイコンをクリックしてデフォルト設定を変更します。
    3. 「完了」をクリックします。

デフォルト・レンダリングについて詳しくは、「ZIETrans ユーザーと管理者のガイド」を参照してください。