ZIETrans Toolkit のインストール

ZIETrans Toolkit をインストールするには:
  1. システムがすべての前提条件を満たしていることを確認します。詳しくは、「前提条件」を参照してください。
  2. ZIETrans は、IBM® Installation Manager を使用して Rational® SDP システムにインストールされる Eclipse 製品として構成されます。
  3. インストールを CD から実行する場合で、 自動実行が使用可能になっているときは、 インストール・ディスクを CD ドライブに挿入すると自動的にランチパッドが開始されます。自動実行が使用不可の場合や、電子イメージからインストールを行う場合は、CD のルート・ディレクトリーか、インストール・ディスクを抽出した電子イメージのルート・ディレクトリーにある launchpad.exe プログラムを実行してください。
  4. ランチパッドの言語を選択します。「OK」をクリックします。
  5. 「HCL ZIETrans V1.0」 ウィンドウが表示されます。このウィンドウから、 製品をインストールし、リリース情報を表示することができます。必ず、「リリース・ノート」をクリックして、最新情報を確認してください。
  6. ZIETrans Toolkit をインストールする準備ができたら、HCL ZIETrans V1.0 のインストール」をクリックします。これにより、IBM Installation Manager が起動します。
    注: IBM Installation Manager がインストールされていない場合は、エラー・メッセージが表示されます。
  7. 「 IBM Installation Manager」ウィンドウが表示されます。
  8. 「パッケージのインストール」パネルで HCL ZIETrans のボックスが自動的に選択されています。「次へ」をクリックします。
    注: 必要なレベルの IBM Installation Manager がインストールされていない場合は、エラー・メッセージが表示されます。
  9. 「ライセンス」パネルで、使用許諾契約書の条項を読んで同意し、 「次へ」をクリックします。
  10. 「場所」パネルの「パッケージ・グループ名」の下で、ZIETrans のインストール先にするパッケージ・グループ (例えば、「IBM Software Delivery Platform」) を選択して、「次へ」をクリックします。
    注: 前提ソフトウェア・デリバリー製品をインストールした既存のパッケージ・グループを選択する必要があります。
  11. 「フィーチャー」パネルでは、ZIETrans のほかに、以下の ZIETrans フィーチャーのインストールを選択できます。「次へ」をクリックします。
    注:
    1. これらのフィーチャーは、後でインストールできます。インストールは、IBM Installation Manager の「変更」機能を使用して行えます。
    2. 詳しくは、「前提条件」を参照してください。
  12. 「要約」パネルで、「インストール」をクリックします。
  13. インストールの進行中は進行状況表示バーが表示され、「スタート」メニュー項目が作成されます。
  14. 「パッケージのインストール」パネルに、インストールが正常に完了したかどうかが通知されます。必要な場合は、「ログ・ファイルの表示」をクリックして、インストール・ログを表示できます。「完了」をクリックして、インストール・パネルを閉じます。
注:
  1. ZIETrans および ZIETrans フィーチャーでサポートされるすべての言語は、インストール処理中にインストールされます。
  2. ZIETrans のインストールは、前提条件レベルの Rational SDP およびフィーチャーのインストールと同時に行うことはできません。ZIETrans をインストールする前に、前提条件レベルの Rational SDP および各フィーチャーのインストールを完了しておく必要があります。