ZIETrans とは

ZIETrans を使用すると、IBM® System z® プラットフォーム上で実行される 3270 アプリケーションと、IBM i オペレーティング・システム・プラットフォーム上で実行される 5250 アプリケーションに対して、使いやすいグラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) を提供する Web アプリケーションを作成できます。ZIETrans アプリケーションは、オンライン・トランザクション処理 (OLTP) の能力を必要とすることなく、5250 アプリケーションにアクセスすることができます。本書では、これらの文字ベースの 3270 および 5250 アプリケーションをホスト・アプリケーションと呼びます。また、ホスト・アプリケーションに含まれるビジネス・ロジックおよびトランザクションに標準プログラミング・インターフェースを提供する Web サービスを使用して、サービス指向アーキテクチャー (SOA) 資産を作成することもできます。ビデオ端末 (VT) エミュレーション画面のデータにもアクセスできます。

ZIETrans アプリケーションの外観を最新のものにすることができます。ZIETrans Web アプリケーションを開発するときに、お客様の企業の Web ページに対応したインターフェースを使用できます。また、ユーザーは各自の Web ブラウザーからこの Web アプリケーションにアクセスできます。 さらに、携帯電話、データ収集端末、および携帯情報端末 (PDA) などのモバイル装置からのアクセスを提供する、ZIETrans Web アプリケーションを開発することもできます。

注: 本書では、特に明記されていない限り、ZIETrans Web アプリケーションおよび EJB アプリケーションにのみ適用される構成設定に というマークが付いています。
ZIETrans には次の 2 つのコンポーネントがあります。
下の図に、ZIETrans Web アプリケーションの開発、デプロイ、およびランタイムの各段階を示します。
  1. 開発者は、ZIETrans Toolkit を使用して ZIETrans Web アプリケーションを開発し、テストします。
  2. 開発者は、準備が完了したら ZIETrans アプリケーションを Java™ EE アプリケーションとしてエクスポートし、WebSphere Application Server システム上にインストールして実行することにより、ZIETrans アプリケーションをデプロイします。
  3. ユーザーは、Web ブラウザーを使用して ZIETrans アプリケーションにアクセスします。
  4. ZIETrans ランタイムは、Telnet サーバーを介してターゲット・ホスト・システムに接続します。
  5. ユーザーが ZIETrans アプリケーションを介してホストと対話すると、ZIETrans ランタイムにより、ホスト画面が GUI に変換されます。
図 1. ZIETrans Web アプリケーション
Web アプリケーション