プロジェクトを Java EE アプリケーションとしてエクスポート

ZIETrans Web アプリケーションを WebSphere® Application Server ランタイム環境に展開するには、まず最初にこれを Java™ EE アプリケーションにパッケージ化する必要があります。このパッケージ化を行うには、プロジェクトを EAR ファイルとしてエクスポートします。

プロジェクトをエクスポートするには、以下のステップを実行します。

  1. 「ZIETrans プロジェクト」ビュー内のプロジェクトの名前を強調表示 (シングルクリック) します。
  2. メイン・ツールバーのZIETrans プロジェクトをエクスポート」アイコンをクリックするか、またはプロジェクト名を右クリックして、「プロジェクトをエクスポート」を選択します。
    注:

    ライセンス設定を指定していない場合、このプロジェクトのランタイムは使用不可であるというメッセージが表示されます。このアプリケーションを展開することはできますが、ユーザーが確立できる接続は 2 つに制限されます。

    ZIETrans Web アプリケーションはローカル・テスト環境でテストでき、また、ランタイム (非開発) 環境に展開できますが、どちらの環境でも、ライセンス設定を指定しなければ、ZIETrans Web アプリケーションは 2 つのホスト接続しかサポートしません。ライセンス設定の指定の詳細については、「ZIETrans スタートアップ・ガイド」にある『ZIETrans プロジェクトの Flexera ライセンス統合』を参照してください。

    ライセンスを購入済みの場合は、「ランタイムの使用可能化」をクリックして、ランタイム・アプリケーションを使用可能にします。まだ購入していない場合は、「続行」をクリックしてエクスポート・プロセスを続行します。

  3. 「エクスポート」ウィンドウで、ドロップダウン・リストからエンタープライズ・アプリケーション・プロジェクトを選択するか、または「EAR プロジェクト」フィールドにエンタープライズ・アプリケーション・プロジェクトの名前を入力します。
  4. 「宛先」フィールドに宛先の場所を入力するか、または「参照」ボタンをクリックしてエクスポートされる .ear ファイルの宛先を選択します。
  5. プロジェクトのソース・ファイルを実行可能ファイルと共にエクスポートする場合は、「ソース・ファイルのエクスポート」ボックスを選択します。ソース・ファイルを含めた場合は、別の開発者が .ear ファイルからこのソース・ファイルを抽出できます。これにより、コラボレーションまたはサービスがより容易になる可能性がありますが、このためにセキュリティー・リスクが生じるかどうかを判断する必要もあります。
  6. 以前に、このプロジェクトを指定した場所にエクスポートしたことがある場合は、エクスポート処理で既存のファイルを上書きするかどうかが確認されます。この確認は、プロジェクトの前のバージョンを保持またはアーカイブしたいファイルを誤って上書きしないようにすることを目的としています。この確認なしで前のファイルを上書きする場合は、「既存ファイルの上書き」ボックスを選択してください。
  7. 「完了」をクリックします。プロジェクトが、拡張子 .ear を持つエンタープライズ・アーカイブ・ファイルによって表される Java EE アプリケーションとして、指定したディレクトリーとファイル名でエクスポートされます。