画面処理

「画面処理」タブでは、接続起動時のブランク画面の処理方法と画面確定の処理方法を指定できます。これらの設定は、接続をデフォルトの接続として使用している場合だけに適用できます。

接続アプリケーション・イベントでデフォルト接続取得アクションが処理されると、ZIETrans はホストへの接続を開くことを試行します。この接続試行が完全に成功しない場合は、アプリケーションが終了し、エラー・ページが表示されます。接続試行が完全に成功した場合は、このページに指定された画面タイマーに基づいて、ホスト画面を確定できるようになります。これらのタイマーは、カスタム画面認識イベント、ブランク画面アプリケーション・イベント (構成してある場合)、一致しない画面イベントの完了時のホスト画面の確定にも使用されます。画面設定のアルゴリズムと設定について詳しくは、「ZIETrans 画面確定の参照」を参照してください。

「接続開始時にブランク画面を受信した場合」設定では、ホストに正しく接続した後もホスト画面がブランクのままの場合に、どのように処理するかを選択できます。この場合、前述のとおり、ホスト時間に応じて画面を確定できます。オプションは次のとおりです。
接続がタイムアウトになるまで待機してからエラーで終了する
このオプションを選択すると、ホストに正しく接続した後もホスト画面がブランクである場合に、ZIETrans はエラー・ページを表示しアプリケーションを終了します。
ブランク画面を表示
このオプションを選択すると、ホストに正しく接続した後にホスト画面がブランクである場合でも、ZIETrans は画面認識処理を実行します。

ユーザーに対してブランク画面が表示されないようにする場合は、ブランク画面を処理するためのイベント優先順位リストで画面認識イベントを指定するか、ブランク画面アプリケーション・イベントにアクションを追加してブランク画面を制御します。デフォルトでは、「一致しない画面」アプリケーション・イベントで、ユーザーに対しブランクのホスト画面が表示されます。画面認識イベントについて詳しくは、「画面イベントの優先順位」を参照してください。アプリケーション・イベントについて詳しくは、「アプリケーション・イベント」を参照してください。

ホスト・キーの送信
このオプションでは、ホストに正しく接続した後も接続がブランクのままである場合に、ホストにホスト・ファンクション・キーを送信します。このキーは一度だけ送信され、画面が確定され、ZIETrans によって画面認識処理が進められます。ドロップダウン・リストから送信するキーを選択できます。このオプションは、ホストで常にブランクの初期画面が描画され、ホストで新規画面を表示する前にユーザーが特定のファンクション・キー (SysReq など) を実行依頼するしなければならない場合に便利です。
「画面タイマー」では、ホストが画面を ZIETrans ランタイムに送信し終えるまでの待機時間の長さを構成できます。これらのタイマーの使用機会については、「ZIETrans 画面確定の参照」を参照してください。次の設定を指定できます。
初期ホスト画面を待機する最小時間:
デフォルトは、2000 ミリ秒です。ホスト接続の準備ができてから、アプリケーションが初期画面の更新を待つ最小時間です。接続がしばらく作動可能状態になっているにもかかわらず、ホストからの初期画面の送信が遅い場合は、この値を大きくします。
画面が安定するまで待機する最大時間:
デフォルトは、1200 ミリ秒です。初期画面の更新後に、アプリケーションが画面更新の到着を待つ最大時間です。ホストがコンテンツを送信するのが遅く、不完全な画面を頻繁に受信する場合は、この値を増加します。
画面が安定するまで待機する最大時間 (非同期更新を使用するセッション):
この値は、アプリケーションが非同期更新アプレット (Web アプリケーションの場合) を使用している場合にのみ使用されます。詳しくは、「サーバー・プッシュ (アプレット) メソッドの使用」を参照してください。

初期デフォルト値は、400 ミリ秒です。ホストからの画面送信が遅く、画面を部分的に受信することが多い場合は、この値を大きくします。application.hap ファイルの com.ibm.common.AppletSettings クラスのブラウザー固有の設定が「最新表示」に設定されている場合、この値を 「画面が安定するまで待機する最大時間」の値より小さく設定することもできます。