BMS マップ・セットのインポート

ZIETrans では、顧客情報管理システム (CICS®) の基本マッピング・サポート (BMS) マップ・セットから画面キャプチャーを作成できます。BMS マップは、CICS の画面定義ファイルです。各マップでは、画面のすべてまたは一部を定義します。CICS アプリケーションは、通常、1 つ以上のマップを表示して完全な画面イメージを作成します。マップには、静的または動的な区域またはフィールドの両方が含まれます。

BMS マップのソースは、マップ・セットというグループに編成されます。1 つのマップ・セットには、1 つ以上のマップが含まれています。マップ・セットは、1 つのソース・ファイルに対して 1 つのマップ・セットというようにソース形式で存在します。ZIETrans で BMS マップをインポートする場合、マップ・セット・レベルでインポートが発生します。マップ単位で個別にインポートすることはできません。

マップは最初、ホスト・システムに存在するので、ご使用のローカル・ファイル・システムに配置する (またはローカル・ファイル・システムに表示されるようにする) 必要があります。ZIETrans にインポートする前のマップの拡張子は、.bms です。

まず、ホストからローカル・ファイル・システムに BMS マップ・セットをコピーします。この操作は、ZIETrans の外部で手動で行います。具体的には、ファイルをファイル・システムに物理的にコピーするか、またはネットワーキング・ソフトウェアを使用してファイル・システムをホストに接続します。ファイルは、バイナリー・ファイルとして転送しないでください。ファイルは、ワークステーションでローカルに読み取ることができる必要があります。
  1. 「ファイル」 > 「インポート」 > 「ZIETrans」 > 「BMS マップ・セットから ZIETrans」をクリックして、「インポート」ウィザードを開きます。
  2. リストからインポートする BMS マップ・セット・ファイルとインポートするファイルの宛先を選択します。
  3. プルダウン矢印をクリックして、国別の「ホスト・コード・ページ」を選択します。これは、ホストで BMS マップを作成したときに使用したコード・ページです。
  4. プルダウン矢印をクリックし、「BMS ファイル・コード・ページ」を選択します。これは、BMS ファイルをワークステーションに転送するときに使用したコード・ページです。
  5. 「警告せずに既存のマップを上書き (Overwrite existing maps without warning)」オプション、および「マップ名を画面キャプチャー名として使用し、マップごとに 1 つの画面キャプチャーを生成」オプションを使用できます。
    注: マップ同士を組み合わせて画面を作成する必要がある場合、画面キャプチャーを自動的に作成しない方がよいことがあります。
  6. 「警告せずに既存の画面キャプチャーを上書き 」を選択することもできます。
  7. 「完了」をクリックします。

BMS キャプチャー・ファイルは、ZIETrans プロジェクト内の独立した Maps フォルダーに保管されます。デフォルトでは、インポートされたマップがない場合、「ZIETrans プロジェクト」ビューに Maps フォルダーは表示されません。Maps フォルダー内には、各マップ・セットに対する個別のフォルダーが含まれます。各フォルダー内には、各マップに対する別個のファイル (拡張子は .bmc) が含まれます。また、元のソースはファイル・システムに保管され (拡張子は .bms)、関連付けられたマップを含むフォルダー内に表示されます。ソースを編集するには、ファイルをダブルクリックします。ソースを編集して保存すると、マップが自動的に再生成されて上書きされます。ただし、「プロパティー」ビューから変更されたマップを除きます。

「ナビゲーター」ビューで BMS ソース・ファイルを <project>/bmsmaps フォルダーにドラッグして、BMS マップをインポートすることもできます。ファイルは、サブフォルダーではなく、bmsmaps フォルダーに直接格納してください。この方法でマップをインポートしている間にエラーが発生した場合、「問題」ビューにメッセージが表示されます。
: ソースは、参照としてだけ保存できます。エディターに表示できる以外、プロジェクトに機能はありません。ソースを表示すると、マップ・セット全体が表示されます。エディター内で表示されている特定のマップの定義が強調表示されることはありません。
BMS マップのインポート後に、「ZIETrans プロジェクト」ビューからいくつかのアクションを実行できます。 画面キャプチャーの作成が完了したら、ZIETrans 画面イベントの作成を開始できます。