3270E セッション向け PDT 印刷および Print-to-File のための JIS2004 サポート

JIS2004 文字を印刷するには、次のようにします。
次の表は、JIS2004 文字を持つデータを出力ファイルに印刷する (Print-to-File) ときに、さまざまな pdfpdt ファイルで KANJI_CODE セッション・パラメーターにさまざまな値を指定した結果を示しています。
表 1. KANJI_CODE セッション・パラメーターの要約
pdfpdt ファイルのセッション・パラメーター ASCII テキスト・モード (basic_dbcs.pdf) その他のサポートされるプリンター (esc_*.pdf、ibm*.pdf、lips*.pdf など)
KANJI_CODE=SHIFT_JIS サロゲート・ペアはネイティブ PC ファイルには保管できないため、適用外。 出力はネイティブ PC ファイルに保存され、JIS2004 文字と UDA 文字のフォント・イメージ (バイナリー・データ) はこのファイルに保管されます。
KANJI_CODE=UNICODE 出力は Unicode ファイルに保存されます。サロゲート・ペアと UDA 文字は UCS-2 で保管されます。 PC プリンターでは Unicode データは受け入れられないため、適用外。
さらに、ファイルに印刷する場合、セッション・パラメーター printerMimeType および printSaveAsExtension を適切に構成する必要もあります。
表 2. Print-to-File セッション・パラメーターの要約
設定 pdfpdt ファイルのセッション・パラメーター ZIETrans でのセッション・パラメーター printerMimeType ZIETrans でのセッション・パラメーター printSaveAsExtension 結果
さらに印刷するための設定 KANJI_CODE=SHIFT_JIS application/octet-stream .bin バイナリー・データを使用するネイティブ PC ファイル。
ASCII テキスト・モードの設定 KANJI_CODE=UNICODE text/plain .txt UCS-2 ファイル。

詳しくは、「プロジェクト用印刷サポートの定義」と「印刷」を参照してください。