オペレーター情報域

オペレーター情報域 (OIA) を使用すると、ホスト・アプリケーションの状態を簡単に判断できます。OIA については、以下の設定をカスタマイズできます。
OIA の表示
このボックスを選択すると、OIA が表示されます。以下のチェック・ボックスを選択すると、表示する項目を指定できます。
セキュア・ホスト接続
ZIETrans 接続を SSL で保護するかどうかを表示するには、このボックスを選択します。
入力禁止標識
キーボードがロックされており、キーボードからの入力を行えないかどうかを表示する場合は、このボックスを選択します。
システム・ロック標識
データが返されるまで待っている間、システムがロックされているかどうかを表示する場合は、このボックスを選択します。画面を最新表示すると、ロックがクリアされます。
メッセージ表示待機標識
メッセージ表示待機標識を表示する場合は、このボックスを選択します。これは 5250 のみのフィーチャーで、これによって、新規メッセージがユーザーを待機中の場合は OIA で標識が表示されます。ユーザーが 5250 ホストの「メッセージの表示」パネルにアクセスすると、 標識はクリアされます (別の新規メッセージを受信するまで)。
注:
  1. ユーザーは、自分のメッセージ・キューの送達タイプを *NOTIFY に設定して、メッセージ表示待機標識を受信する必要があります。
  2. このボックスを選択しても、3270 または 3270E の接続には無効です。
非同期更新
非同期更新が使用可能かどうかを表示する場合は、このボックスを選択します。
入力モード
上書きモードが有効かどうか (ブラウザーでサポートされる場合) を表示するには、このボックスを選択します。
絶対的カーソル位置
ホスト・カーソル位置を表示させるには、このボックスを選択します。
カーソル行および列
ホスト・カーソルの行および列位置を表示する場合は、このボックスを選択します。
自動フィールド進行
自動フィールド進行が有効かどうか (ブラウザーでサポートされる場合) を表示する場合は、このボックスを選択します。
フィールドデータ
外部フィールド・データ (「数値のみ」や「フィールドの終了が必要」など) を表示する場合は、このボックスを選択します。
表示域のレイアウト
水平
(ページ下部に) OIA を水平に表示する場合は、このボタンを選択します。
垂直
(ページのサイド・フレームに) OIA を垂直に表示する場合は、このボタンを選択します。
スタイルクラス
OIA の外観を制御する Cascading Stylesheet (CSS) クラス名を入力します。