ZIETrans プロジェクトのバックアップ

ソフトウェア開発活動の場合と同じく、データの損失や破損に備えて ZIETrans プロジェクトのバックアップをとっておくとよいでしょう。開発サイクル中にバックアップを作成するほかに、ZIETrans 保守をインストールする前にもバックアップを作成する必要があります。これにより、必要な場合は、以前にインストールした保守レベルに戻すことができます。ZIETrans プロジェクトのバックアップを作成するには、Rational® SDPアーカイブ・ファイルのエクスポート機能を使用します。詳しくは、「Web プロジェクトのエクスポート」を参照してください。

バックアップから ZIETrans プロジェクトを復元するには、アーカイブ・ファイルのインポート機能を使用します。詳しくは、「Web プロジェクトのインポート」を参照してください。