マクロの再生

マクロを記録した場合は、そのマクロをドロップダウン・ボックスから選択して 実行できます。このマクロは、このイベントが選択されたときに実行を開始します。「マクロを実行」アクションは 現行接続でマクロを実行することに注意してください。これに対し、「マクロ・トランザクションを実行」は 新規接続を作成してその接続でマクロを実行します。

マクロを実行するには、「アクションの追加」リストから 「マクロを実行」項目を選択し、実行するマクロの名前をドロップダウン・リストから 選択します。実行するマクロをこの画面イベントのアクションとして定義した場合は、そのマクロは最後に適用されます。対象の画面を認識するために、必ずきわめて明確な基準を使用し、他の画面ではマクロが実行されないようにします。例えば、ストリング基準を使用する場合は、画面の任意の場所ではなく、正確な場所で検出されなければならないことを 指定してください。マクロが終了する画面が、マクロを開始する基準を 満たしてはなりません。マクロを記録する場合は、画面イベントによって認識される画面が最終画面にならないようにしてください。認識された画面がマクロの最終画面である場合、ループが作成され、マクロ実行の実行時に画面の強制変更するキーを送信するオプションは実行されません。