カスタム基準

「カスタム基準」を使用して、カスタム記述コードを呼び出すことができます。

「クラス名」入力フィールドに、実行するメソッドを含む Java クラスの名前を指定するか、または「参照」をクリックして Source ディレクトリーからクラス名を選択します。

「オプション」および「反転」チェック・ボックスの説明については、「オプションおよび非オプションの画面認識基準」および「画面認識基準の反転一致」を参照してください。