「画面カスタマイズの作成」ウィザード

ZIETrans プロジェクトで、画面カスタマイズを定義するには、「画面カスタマイズの作成」ウィザードを使用します。画面カスタマイズ・ウィザードを使用する前に、ホスト端末を開いたままにしておくか、画面キャプチャーを用意しておく必要があります。BMS マップは、画面カスタマイズに使用する画面キャプチャーの作成にも使用できます。BMS マップ・セットの詳細については、「BMS マップ・セットのインポート」を参照してください。

次のいずれかのアクションを実行して、ウィザードにアクセスできます。

ウィザードで使用可能な設定の詳細については、「画面イベントの編集」を参照してください。

画面カスタマイズを対象に定義した設定は、画面カスタマイズ (.evnt) ファイルに保存されます。このファイルを参照するには、「ZIETrans プロジェクト」ビューの「画面カスタマイズ」フォルダーを展開します。画面カスタマイズ・ファイルの表示および変更を行う場合は、画面イベントエディターを使用してください。