タブ付きフォルダーを挿入

注: ZIETrans タブ付きフォルダーのサポートは、ZIETrans V1.0 では推奨されません。現時点では、タブ付きフォルダーは引き続きサポートされていますが、将来的には非推奨となる可能性があります。代替方法として以下の方法があります。
「タブ付きフォルダーを挿入」は、Web ページにタブ付フォルダーを挿入する場合に使用します。タブ付きフォルダーは、Web ページに表示するウィジェットやコンポーネントを整理する際に役立ちます。「タブ付きフォルダーを挿入」では、フォルダーに必要なタブの数を指定します。タブ付きフォルダーと格納済み画面機能を組み合わせると、タブごとに異なるホスト画面を持つフォルダーを持つことができます。フォルダー内の各タブについて、次の設定も指定します。
「タブ拡張オプション」「デフォルト値を使用」チェック・ボックスをクリアすると、次の設定を指定できます。

「フォルダー拡張オプション」「デフォルト値を使用」チェック・ボックスをクリアすると、次の設定を指定できます。

「プレビュー」ウィンドウに、選択した項目により設定されたタブ付きフォルダーのプレビューが表示されます。このプレビューには、タブ付きフォルダーに挿入されたコンポーネントは表示されません。フォルダーに対して行った変更 (サイズや色) のみが表示されます。

「全ページのプレビュー」をクリックすると、ページ内のすべてのコンポーネントおよび関連するテンプレートが表示されます。このプレビューでは、ページがユーザーに表示されるとおりに表示されます。

フォルダー内の各タブに対してタブ付きフォルダー・オプションをすべて定義したら、「OK」をクリックします。

タブ付きフォルダーを作成した後は、「タブ付きフォルダーを挿入」ウィザードに戻って変更を行うことはできません。出力は HTML (および ZIETrans コンポーネント・タグ) 形式なので、ソースを編集する必要があります。
注:
  1. タブ付きフォルダーは複数の HTML タグで構成されるため、 セクションを個別に移動させることはお勧めしません。タブ付きフォルダーの場所を変更したい場合は、タブ付きフォルダーを含むセルを選択し、そのセルを希望の場所に移動します。