「変換の作成」ウィザード

「変換の作成」ウィザードを使用して画面変換を定義します。ウィザードにアクセスするには、以下のようにさまざまな方法があります。

「変換の作成」ウィザードが表示されます。ここでは、ターゲット・プロジェクトの選択、変換の名前指定、説明の記述、変換定義の保存場所の参照を実行できます。これらの項目を指定したら、「次へ」をクリックします。

「画面の選択」パネルには、変換の土台となるホスト画面を選択するオプションがあります。「画面の選択」セクションのプルダウン・メニューから、「ホスト端末画面を使用」 または「以前にキャプチャーした画面を使用」を選択できます。ホスト画面の特定のフィールドを強調表示するには、「強調表示するフィールド」の隣にある各オプションを選択します。入力フィールドが画面上で定義されている位置を表示するには、「入力」チェック・ボックスを選択します。保護フィールドを表示する場合は、「保護」チェック・ボックスを選択します。隠しフィールドを強調表示するには、「非表示 (Hidden)」チェック・ボックスを選択します。入力フィールド、保護フィールド、隠しフィールドの強調表示色を変更する方法については、「ZIETrans プリファレンスの使用」を参照してください。選択が完了したら、「次へ」をクリックします。

選択できるレンダリング・パターンは、「ブランク」「デフォルト・レンダリング」「デフォルト・レンダリングを使用して事前設定」「フィールドを使用して事前設定」の 4 つです。

ブランク
新規のブランク変換を作成します。コンポーネントを後で個別に追加する場合は、「デフォルト・レンダリングを挿入」ウィザードまたは「ホスト・コンポーネントを挿入」ウィザードを使用します。
デフォルト・レンダリング
実行時に、デフォルトのレンダリングで表示する新規の変換画像を作成します。デフォルト以外のレンダリング・セットを使用したり、レンダリングされる画面の領域を変更したり、「ホスト・コンポーネントを挿入」ウィザードを使用して追加コンポーネントを加えたりする場合は、このパターンを使用します。「オプション」をクリックし、「レンダリング・オプション」パネルで次の設定値を構成します。
デフォルト・レンダリング・セットを使用
実行時に変換画面をレンダリングするときに、アプリケーションのデフォルト・レンダリング・セットを使用する場合は、このボックスを選択します。特定のレンダリング・セットを選択して常に使用する場合は、このボックスをクリアします。
デフォルト・レンダリングを使用して事前設定
デフォルト・レンダリングを使用して生成されたコンポーネント・ タグが事前に入力された新規の変換を作成します。この変換は、「ホスト・コンポーネントを編集」ウィザードを使用してカスタマイズできます。「オプション」をクリックし、「レンダリング・オプション」パネルで次の設定値を構成します。
デフォルト・レンダリング・セットを使用
実行時に変換画面をレンダリングするときに、アプリケーションのデフォルト・レンダリング・セットを使用する場合は、このボックスを選択します。特定のレンダリング・セットを選択して常に使用する場合は、このボックスをクリアします。
空の保護フィールドを含める
空の保護フィールド用にタグ (Web 変換の場合) を生成するには、このボックスを選択します。ほとんどの場合、デフォルトの設定 (これらのフィールドのタグまたはコンポジットを生成しない) で十分であり、変換に関係する他の制御を移動する際の柔軟性を高めることができます。
注:
一般に、事前に入力された変換を作成する場合は、表示可能なできるだけ多くの情報を含む画面を取り込みます。例えば、テーブルを含む画面の変換を作成する場合は、データが入力された状態のテーブル全体を含む画面を取り込みます。これにより、テーブルのすべてのフィールド用にタグ (Web 変換の場合) が生成されます。
フィールドを使用して事前設定
ラベルと入力フィールドを使用して事前設定した変換を新規作成します。これは、「ホスト・コンポーネントを編集」ウィザードでカスタマイズできます。「オプション」をクリックし、「レンダリング・オプション」パネルで次の設定を構成します。
空の保護フィールドを含める
空の保護フィールド用にタグ (Web 変換の場合) を生成するには、このボックスを選択します。ほとんどの場合、デフォルトの設定 (これらのフィールドのタグまたはコンポジットを生成しない) で十分であり、変換に関係する他の制御を移動する際の柔軟性を高めることができます。
注:
一般に、事前に入力された変換を作成する場合は、表示可能なできるだけ多くの情報を含む画面を取り込みます。例えば、テーブルを含む画面の変換を作成する場合は、データが入力された状態のテーブル全体を含む画面を取り込みます。これにより、テーブルのすべてのフィールド用にタグ (Web 変換の場合) が生成されます。

選択したパターンを使用して変換画面を表示するには、「プレビュー」ボタンを使用します。

パターンのレイアウトが完了したら、変換画面の内部でコンポーネントを配置できます。「画面カスタマイズ」ウィザードを起動する場合は、「完了したら「画面カスタマイズを作成」ウィザードを開始」チェック・ボックスを選択して、「完了」をクリックします。詳しくは、以下を参照してください。デフォルト・レンダリング