Geronimo サーバー用のインストールおよび構成

このセクションでは、Apache Geronimo をインストールする方法と、Apache Geronimo サーバーを対象とした ZIETrans Web アプリケーションを作成できるように Rational® Software Delivery Platform (Rational SDP) を構成する方法の要約を示します。

Apache Geronimo サーバーを Tomcat Web コンテナーとともにダウンロードおよびインストールします。
  1. Apache Geronimo をダウンロード・サイト (http://geronimo.apache.org/downloads.html) からダウンロードします。
  2. .zip ファイルまたは .tar ファイルを解凍して、サーバーをインストールします。
  3. コマンド・ライン・ウィンドウで、ディレクトリーを geronimo_home/bin に変更し、geronimo run を入力してサーバーを実行します。

Geronimo Eclipse Plugin (GEP) は、Eclipse、その Web Tools Platform (WTP) プロジェクト、および Geronimo 間の統合を提供します。 これにより、Rational SDP を通じて、WTP フィーチャーを使用して Apache Geronimo サーバー用にアプリケーションを開発、テスト、およびデプロイすることが可能になります。

Geronimo Eclipse Plugin (GEP) をインストールします。
  1. 「Installing Geronimo Eclipse Plugin」サイト (https://cwiki.apache.org/GMOxDOC22/installing-geronimo-eclipse-plugin.html) の指示に従います。
  2. GEP v2.2 には、v1.1.x、v2.0.x、v2.1.x、および v2.2 の Apache Geronimo サーバー用のサーバー・アダプターが含まれています。
Geronimo を、ZIETrans Web アプリケーション用に Rational SDP でターゲット・サーバーとして構成します。
  1. Rational SDP メニュー・バーで、「ウィンドウ」>「設定」をクリックします。
  2. 左のパネルで「サーバー」を展開します。
  3. 「ランタイム環境」をクリックします。
  4. 「サーバー・ランタイム環境」パネルで「追加」をクリックします。
  5. 「新規サーバー・ランタイム環境」ダイアログで「Apache」フォルダーを展開します。
  6. Apache Geronimo サーバーの当該バージョンを選択します。
  7. オプション。「新規ローカル・サーバーの作成 (Create a new local server)」ボックスを選択して、新しい Geronimo サーバーをワークスペースの「サーバー」タブで作成します。このステップを行うと、「サーバーで実行」、「サーバーでデバッグ」、および「サーバーでプロファイル作成」の各機能を使用して、Rational SDP ローカル・テスト環境内で Geronimo アプリケーションをテストすることができます。
  8. 「次へ」をクリックして、ローカル Geronimo サーバーを指示するパネルに移動します。「アプリケーション・サーバー・インストール・ディレクトリー」フィールドで、Geronimo サーバー・ファイルを解凍したルート・フォルダーを入力します。例えば、Geronimo サーバー zip を C:geronimo-tomcat6-javaee5-2.1.7 というフォルダーに解凍した場合は、この値をインストール・ディレクトリー・フィールドに入力します。
  9. 「完了」をクリックします。
  10. 「OK」をクリックして「設定」パネルを閉じます。

これらのステップを実行後、Apache Geronimo サーバーを対象とした ZIETrans アプリケーションを Rational SDP 内で作成できます。