WebLogic サーバーのインストールおよび構成

このセクションでは、Oracle WebLogic Server をインストールする方法と、Oracle WebLogic Server を対象とした ZIETrans Web アプリケーションを作成できるように Rational® Software Delivery Platform (Rational SDP) を構成する方法の要約を示します。

Oracle サイト (http://www.oracle.com/technetwork/middleware/weblogic/downloads/index.html) のダウンロード・リンクおよび指示を使用して Oracle WebLogic Server をダウンロードおよびインストールします。

Oracle WebLogic Server Tools を 9.0 より前のバージョンの RAD にインストールする場合は、次の手順に従います。
  1. Rational SDP メニュー・バーで「ヘルプ」>「新しいソフトウェアのインストール」をクリックします。
  2. 「ランタイム環境」をクリックします。
  3. 「サーバー・ランタイム環境」パネルで「追加」をクリックします。
  4. 「追加サーバー・アダプターのダウンロード (Download additional server adapters)」をクリックします。
  5. 「Oracle WebLogic Server ツール (Oracle WebLogic Server Tools)」をリストから選択し、「次へ」をクリックします。
  6. ご使用条件の条項に同意し、「完了」をクリックします。
  7. インストールの完了後に再始動を求めるプロンプトが出されたら、「OK」をクリックします。
  8. インストールの完了後、今すぐ再始動するように求めるプロンプトが出されたら、「はい」をクリックします。
Oracle WebLogic Server Tools を RAD 9.0 にインストールする場合は、次の手順に従います。
  1. Rational SDP メニュー・バーで、「ウィンドウ」>「設定」をクリックします。
  2. 右上のパネルで「使用可能なソフトウェア・サイト (Available Software Sites)」をクリックします。
  3. 「追加」をクリックします。
  4. 以下の情報を入力して必要なリポジトリーを追加します。

    名前: Oracle Enterprise Pack for Eclipse Repository

    Location: http://download.oracle.com/otn_software/oepe/12.1.2/juno/repository

  5. 「OK」をクリックします。
  6. 「使用可能なソフトウェア・サイト (Available Software Sites)」リストにある以下の追加リポジトリーを使用可能にするか、またはこれらのリポジトリーがない場合は追加します。

    名前: Eclipse Juno repository

    Location: http://download.eclipse.org/releases/juno

    名前: Eclipse Web Tools Platform Repository

    Location: http://download.eclipse.org/webtools/updates/

  7. 「OK」をクリックして「設定」ウィンドウを閉じます。
  8. 「必要なソフトウェアを検索するために、インストール時にすべての更新サイトに接続する (Contact all update sites during install to find required software)」チェック・ボックスを選択します。
  9. 「処理 (Work With)」>「Oracle Enterprise Pack for Eclipse Repository」を選択します。
  10. 結果を展開し、「Oracle WebLogic Server Tools」チェック・ボックスを選択します。
  11. 「次へ」をクリックします。
  12. ウィザードの指示に従ってインストールを完了します。
Oracle WebLogic Server Tools を RAD 9.7 にインストールする場合は、次の手順に従います。
  1. Rational SDP メニュー・バーで「ヘルプ」>「Eclipse Marketplace」をクリックします。
  2. 「検索」テキスト・ボックスで「WebLogic」を検索します。
  3. Oracle WebLogic Server Tools をインストールします。
  4. 「選択したフィーチャーの確認 (Confirm Selected Features)」パネルで「確認」をクリックします。
  5. ご使用条件の条項を読んで条項に同意し、「完了」をクリックします。
  6. インストールが完了した後、再始動するかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
WebLogic を、ZIETrans Web アプリケーション用に Rational SDP でターゲット・サーバーとして構成します。
  1. Rational SDP メニュー・バーで、「ウィンドウ」>「設定」をクリックします。
  2. 左のパネルで「サーバー」を展開します。
  3. 「ランタイム環境」をクリックします。
  4. 「サーバー・ランタイム環境」パネルで「追加」をクリックします。
  5. 「新規サーバー・ランタイム環境」ダイアログで「Oracle」フォルダーを展開します。
  6. Oracle WebLogic Server の当該バージョンを選択します。
  7. オプション。「新規ローカル・サーバーの作成 (Create a new local server)」ボックスを選択して、新しい WebLogic サーバーをワークスペースの「サーバー」タブで作成します。このステップを行うと、「サーバーで実行」、「サーバーでデバッグ」、および「サーバーでプロファイル作成」の各機能を使用して、Rational SDP ローカル・テスト環境内で WebLogic アプリケーションをテストすることができます。
    注:このステップを実行する場合は、「サーバーで実行」、「サーバーでデバッグ」、および「サーバーでプロファイル作成」の各機能の使用時にプロジェクトが正しくデプロイされるように、デフォルトの公開モードを変更する必要があります。
    1. 「サーバー」ビューで作成された WebLogic Server のインスタンスを見つけます。
    2. WebLogic Server を右クリックし、「プロパティー」をクリックします。
    3. 左のパネルで WebLogic を展開します。
    4. 「公開 (Publishing)」をクリックします。
    5. 「公開モード (Publishing mode)」セクションで、「展開されたアーカイブとして公開 (Publish as an exploded archive)」をクリックします。
    6. 「OK」をクリックして「プロパティー」パネルを閉じます。
  8. 「次へ」をクリックして、ローカル WebLogic サーバーを指示するパネルに移動します。「WebLogic ホーム」フィールドに、WebLogic サーバーをインストールしたルート・フォルダーを入力します。例えば、WebLogic インストール済み環境で C:OracleMiddleware というルート・フォルダーを使用している場合は、「WebLogic ホーム」フィールドに C:OracleMiddlewarewlserver_12.1 と入力します。WebLogic サーバー・インストーラーに組み込まれている JDK をインストールした場合は、C:OracleMiddlewarejdk160_29 などの値が自動的に「JAVA ホーム」フィールドに入れられます。組み込み JDK をインストールしていない場合は、「JAVA ホーム」フィールドに、使用している Java ランタイムの場所を入力する必要があります。
  9. 「完了」をクリックします。
  10. 「OK」をクリックして「設定」パネルを閉じます。

これらのステップを実行後、Oracle WebLogic サーバーを対象とした ZIETrans アプリケーションを Rational SDP 内で作成できます。