JBoss EAP のインストールおよび構成

JBoss EAP を、ZIETrans Web アプリケーション用に Rational® SDP でターゲット・サーバーとして構成します。
  1. Rational SDP メニュー・バーで、「ウィンドウ」>「設定」をクリックします。
  2. 左のパネルで「サーバー」を展開します。
  3. 「ランタイム環境」をクリックします。
  4. 「サーバー・ランタイム環境」パネルで「追加」をクリックします。
  5. 「新規サーバー・ランタイム環境」ダイアログで JBoss EAP の「Red Hat JBoss Middleware」フォルダーを展開します。
  6. JBoss Enterprise Application サーバーの当該バージョンを選択します。
  7. オプション。「新規ローカル・サーバーの作成 」ボックスを選択して、JBoss サーバーをワークスペースの「サーバー 」タブで作成します。このステップを行うと、「サーバーで実行」、「サーバーでデバッグ」、および「サーバーでプロファイル作成」の各機能を使用して、Rational SDP ローカル・テスト環境内で JBoss アプリケーションをテストすることができます。
  8. 「次へ」をクリックして、ローカル JBoss サーバーを指示するパネルに移動します。「アプリケーション・サーバー・インストール・ディレクトリー」フィールドで、JBoss サーバーをインストールしたルート・フォルダーを入力します。例えば、JBoss サーバーを C:\EAP-7.1.0 というフォルダーにインストールした場合は、この値をインストール・ディレクトリー・フィールドに入力します。
  9. 「完了」をクリックします。
  10. 「OK」をクリックして「設定」パネルを閉じます。

これらのステップを実行後、JBoss サーバーを対象とした ZIETrans アプリケーションを Rational SDP 内で作成できます。