テーブル (可視)

テーブル (可視) コンポーネントは、テーブルを認識します。テーブル (可視) コンポーネントは、基底のホスト画面フィールドが垂直方向に整列されている必要がない点でテーブル (フィールド) コンポーネントと異なります。このコンポーネントは、選択領域で、選択内の各行に列区切り文字を含む列を検索します。経験法則: 領域がテーブルのように示されている場合は、通常、テーブル (可視) コンポーネントがその領域を認識できます。

認識されたテーブルは、以下のウィジェットによるレンダリングが可能になります。
次の図に、ホスト画面上のテーブル (可視) コンポーネントの表示例を示します。
図 1. テーブル (可視) コンポーネントの例
テーブル (可視) コンポーネントの例
  1. 行 (最小行数 = 1)
  2. 列 (最小列数 = 1)
  3. 列区切り文字 (スペース)
以下の設定が、このコンポーネントに対して構成できます。
列区切り(O)
必須。テーブルの列としてマークされているホスト画面列の選択された領域の各行に存在している必要がある文字ストリング。連続する列が、それぞれ区切り列としてマークされている場合は、最後の列のみが、生成されるテーブルの区切り列として実際にレンダリングされます。
空行を含める
これを選択した場合、表示されたテーブルまたはグラフに空行 (表示テキストまたは入力フィールドがない行) が含まれます。
除外する行
認識されたテーブルから除外するコンマで区切られた行や範囲指定された行セット。この設定は、テーブルまたはグラフ上の特定の複数行のデータを隠す場合に有効です。この値で表される行は、実際のホスト画面ではなく、認識されるテーブルに基づきます。@値の例:1,2,3....1,2-43-5
除外する列
認識されたテーブルから除外するコンマで区切られた論理列や範囲指定された論理列セット。この値で表される列は、実際のホスト画面ではなく、認識されるテーブルに基づきます。@値の例:1,2,3....1,2-43-5
最小行数
指定された領域が、テーブルと認識されるために含むべき必要最小限の行数です。
注: 認識される行数は、指定行を含めて算出されます (「除外する行」を参照してください)。
最小列数
指定された領域が、テーブルと認識されるために含むべき必要最小限の (ホスト画面列ではなく) 論理列の数です。
注: 認識される列数は、指定列を含めて算出されます (「除外する列」を参照してください)。
テーブルの上の行から列見出しテキストを抽出
テーブルの上の行にあるテキストをテーブルの列ヘッダーとして使用する場合は、このボックスを選択します。列ヘッダーは保護フィールド内になければなりません。