新規変換の作成

新規変換の作成方法は多数あります。画面イベントを作成し、変換をアクションの一つとして適用すると、 デフォルトで ZIETrans は、同じホスト画面を基にして同じ名前の変換を作成し、それを画面イベントに関連付けます。変換は名前を付けられ、ホスト画面と関連付けられるので、ウィザードを使用せずに作成されます。

別の方法で変換を作成することもできます。 どちらのメソッドも、「変換の作成」ウィザードを起動します。画面キャプチャーまたはホスト端末から変換を直接作成した場合は、後で画面イベントを編集して変換をアクションとして追加することによって、変換を画面イベントと関連付ける必要があります。このプロセスについては、「ZIETrans ユーザーと管理者のガイド」 で説明しています。

「変換の作成」ウィザードは、ユーザーに対して、ターゲット・プロジェクトの選択、 変換名の指定、および変換の基になる画面の指定を行うように求めます。ウィザードによって変換が作成され、それが変換エディターで開かれるので、そこでホスト・コンポーネントとウィジェットを追加することができます。