セキュリティー

「セキュリティー」 タブには、Secure Sockets Layer (SSL) および Web 高速ログオン (WEL) の構成設定が表示されます。セキュリティー設定の詳細については、「セキュリティーおよび Web 高速ログオン」を参照してください。
注: ZIETrans EJB プロジェクトで接続に SSL を使用する場合は、「ZIETrans EJB プロジェクト」ビューで EJB プロジェクトと「接続」フォルダーを開き、接続をダブルクリックします。その後、以下の指示に従います。ZIETrans EJB プロジェクトの作成方法については、「ZIETrans Web アプリケーション・プログラマーズ・ガイド」のセクション『ZIETrans EJB アプリケーションの作成および使用』を参照してください。
SSL を有効にする
SSL を使用可能にするには、このチェック・ボックスを選択します。
: Telnet サーバーで有効な既知の個人証明書が使用される場合は、必要な操作はこのボックスを選択する操作のみです。
PKCS12 鍵ストアをプロジェクトにインポート
PKCS12 鍵ストア・ファイルをプロジェクトにインポートするには、このオプションを選択します。「インポート」ボタンをクリックして鍵ストア・ファイルを見つけ、このファイルをプロジェクトにインポートします。この接続の構成で、インポートされた鍵ストア・ファイルを指すポインターが設定されます。接続構成から鍵ストア・ファイルを指すポインターを除去するには、「除去」ボタンをクリックします。鍵ストア・ファイル自体は、プロジェクトからは除去されません。ファイルのインポートが完了すると、ファイル名が「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに表示されます。このオプションが必要になる状況と、PKCS12 鍵ストア・ファイルの作成方法について詳しくは、「SSL セキュリティーの有効化」を参照してください。
注:鍵ストア・ファイルをインポートし、接続エディターで変更を保存した後に、鍵ストア・ファイルがプロジェクトに含まれるようにするため、プロジェクトを最新表示してください。プロジェクトを最新表示するには、「ZIETrans プロジェクト」ビューでプロジェクトを右クリックし、「最新表示」を選択します。プロジェクトの自動最新表示を設定するには、Rational® SDP メニュー・バーで「ウィンドウ」>「設定」>「その他」>「ワークスペース」>「自動で更新」を選択します。
特定のパスで PKCS12 鍵ストアを使用
このオプションは、プロジェクト内には含まれないがターゲット・ランタイム・システムの任意の場所に保管される鍵ストア・ファイルを指定する場合に選択します。「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに、ターゲット・システムでの鍵ストア・ファイルの完全なパスとファイル名を指定します。このオプションが必要になる状況と、PKCS12 鍵ストア・ファイルの作成方法について詳しくは、「SSL セキュリティーの有効化」を参照してください。
注:
  1. 開発システムでテスト中にこのファイルを使用するには、開発システム上で、ターゲット・ランタイム・システム内と同じ位置にこのファイルが保管されている必要があります。
  2. ZIETrans Web アプリケーションでは、プロジェクト .ear ファイル内に含まれない鍵ストア・ファイルを使用し、ターゲット WebSphere Application Server システムで Java™ 2 セキュリティーを使用する場合は、ZIETrans アプリケーションが was.policy ファイルにアクセスする前に、 WebSphere® Application Server でこのファイルを更新しておく必要があります。was.policy ファイルは、META-INF ディレクトリーのプロジェクト .ear ファイルの「ナビゲーター」ビューに表示されます。例えば、鍵ストア・ファイルに読み取り権限を付与するには、was.policy ファイルに
    permission java.io.FilePermission "c:\\myKeystores\\-", "read";
    というステートメントを追加します。ここで、myKeystores は対象となる WebSphere アプリケーション・サーバー・システム上の鍵ストア・ファイルに含まれるフォルダー名です。詳しくは、 「Java 2 セキュリティー」 を参照してください。
鍵ストア・ファイルへのパス
鍵ストア・ファイルをインポートした場合は、この編集ボックスにインポートしたファイルの名前が表示されます。「特定のパスで PKCS12 鍵ストアを使用」オプションを選択している場合は、この編集ボックスに、ターゲット・ランタイム・システムの鍵ストア・ファイルの完全なパスとファイル名を入力します。
パスワード
「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに指定した鍵ストア・ファイルを開くために必要なパスワード。鍵ストア・ファイルを検出し、パスワードでこのファイルを開く操作をテストするには、「検証」ボタンを使用します。
注:
  1. これは鍵ストア・ファイルの作成時に使用したのと同じパスワードです。PKCS12 鍵ストア・ファイルの作成方法について詳しくは、「SSL セキュリティーの有効化」を参照してください。
  2. プロジェクトに含まれていない鍵ストア・ファイルの位置とパスワードを検証するには、開発システム上でターゲット・ランタイム・システム内と同じ位置にこの鍵ストア・ファイルが存在する必要があります。
  3. パスワードは平文では保管されません。ただし ZIETrans アプリケーションの展開後に、アプリケーションを再展開せずにパスワードを変更したい場合には、ランタイム・システムで接続を表す .hco ファイル内のパスワード・フィールドを変更できます。.hco ファイルを編集して変更した場合は、アプリケーションを再展開するまでは、パスワードが平文で保管されます。
JSSE を有効にする
JSSE を使用可能にするには、このチェック・ボックスを選択します。
JSSE を使用
「JSSE を使用」チェック・ボックスを選択すると、ZIETransと HOST システムの間の接続で、SSLite の代わりに、Java Secure Socket Extension (JSSE) セキュリティー・ライブラリーを使用した TLS v1.0、TLS v1.1、または TLS v1.2 が使用可能になります。SSLite ライブラリーを使用するデフォルトのオプションは、このラジオ・ボタンを選択し、接続に TLS v1.1 または TLS v1.2 を使用することでオーバーライドできます。
Java 鍵ストアをプロジェクトにインポート
jks 鍵ストア・ファイルをプロジェクトにインポートするには、このオプションを選択します。「インポート」ボタンをクリックして鍵ストア・ファイルを見つけ、このファイルをプロジェクトにインポートします。この接続の構成で、インポートされた鍵ストア・ファイルを指すポインターが設定されます。接続構成から鍵ストア・ファイルを指すポインターを除去するには、「除去」ボタンをクリックします。鍵ストア・ファイル自体は、プロジェクトからは除去されません。ファイルのインポートが完了すると、ファイル名が「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに表示されます。
特定のパスで jks 鍵ストアを使用
このオプションは、プロジェクト内には含まれないがターゲット・ランタイム・システムの任意の場所に保管される鍵ストア・ファイルを指定する場合に選択します。「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに、ターゲット・システムでの鍵ストア・ファイルの完全なパスとファイル名を指定します。
鍵ストア・ファイルへのパス
鍵ストア・ファイルをインポートした場合は、この編集ボックスにインポートしたファイルの名前が表示されます。「特定のパスで jks 鍵ストアを使用」オプションを選択している場合は、この編集ボックスに、ターゲット・ランタイム・システムでの鍵ストア・ファイルの完全なパスとファイル名を入力します。
パスワード
「鍵ストア・ファイルへのパス」編集ボックスに指定した鍵ストア・ファイルを開くために必要なパスワード。鍵ストア・ファイルを検出し、パスワードでこのファイルを開くことができるかどうかをテストするには、「検証」ボタンを使用します。
MSIE ブラウザーの鍵リングの追加
このチェック・ボックスは、JSSE が有効である場合にのみ使用できます。

このチェック・ボックスを有効にして、ZIETrans で MSCAPI/Microsoft Cryptography API をサポートします。このオプションが選択されると、ZIETrans クライアントは、Microsoft Internet Explorer ブラウザーが信頼している認証局を受け入れます。

このオプションを有効にすると、接続ファイルの「拡張」タブで、「SSLBrowserKeyringAdded」 パラメーターが ture に設定されます。

MSCAPI は ZIETrans Toolkit でのみ使用できます

注:
  1. MSCAPI は SSL ではサポートされていません。
  2. MSCAPI はツールキットでのみサポートされるため、ユーザーは ZIETrans Web ベースのアプリケーションの jks ファイルを追加する必要があります。それ以外の場合で、ランタイムで展開した場合、証明書の検証中にホストへの接続が失敗します。
Web 高速ログオンの使用
ZIETrans Web アプリケーションでは、WEL を有効にして構成するには、このボックスを選択して「構成」ボタンをクリックします。詳しくは、「Web 高速ログオン (WEL) の使用」を参照してください。