Java 2 セキュリティー

Java™ 2 セキュリティーは、ファイル入出力、ソケット、環境プロパティーなど、特定の保護システム・リソースにアプリケーションがアクセスできるようにする前に、アクセス権を検査するポリシー・ベースのアクセス制御機構を提供します。

Java 2 セキュリティーは、アプリケーション・サーバーによってサポートされます。Java 2 セキュリティーは、デフォルトでは使用不可になっていますが、グローバル・セキュリティーを使用可能にするように WebSphere® セキュリティーを構成すると自動的に使用可能になります。Java 2 セキュリティーは、 WebSphere グローバル・セキュリティーを使用可能にすると使用可能になりますが、使用不可にすることもできます。Java 2 セキュリティーとグローバル・セキュリティーは、互いに独立して構成できます。グローバル・セキュリティーを使用不可にしても、Java 2 セキュリティーが自動的に使用不可になるわけではありません。Java 2 セキュリティーは、明示的に使用不可にする必要があります。

ZIETrans が Java 2 セキュリティーをサポートするのは、サポートされている任意のサーバー・ソフトウェア・プラットフォーム上で WebSphere Application Server が実行されている場合です。

ZIETrans は、以下の環境では Java 2 セキュリティーをサポートしません。