「URL に転送」アクション

「URL に転送」アクションにより、変換指向 ZIETrans Web アプリケーションから 1 つ以上のチェーン統合オブジェクトを起動する JSP に制御を渡すことができます。これにより、作成済みの統合オブジェクトを使用できます。統合オブジェクトは既存の接続またはバックグラウンド接続を使用できます。

このアクションは ZIETrans Web プロジェクトでサポートされています。

転送アクションをイベントに追加するには、以下のパラメーターを指定する必要があります。
注: 大規模な JSP を実行する場合は、JVM システムのプロパティー com.sun.tools.javac.main.largebranch=true を設定し、サーバーを再始動します。JVM のプロパティーを設定するには、管理コンソールを使用するか、JVM の引数を設定するか、またはカスタム・プロパティーを作成します。
URL への転送により、JSP/統合オブジェクト・ロジックが使用する 接続を複数の方法で管理できます。例:

転送アクションを使用する場合は、統合オブジェクトの実行後に制御が自動的に ZIETrans アプリケーションに戻されることはありません。JSP は、ZIETrans アプリケーションに明示的に制御を戻す必要があります。転送アクションより前にデフォルト接続が確立されていない場合に統合オブジェクトがデフォルト接続を使用する場合は、デフォルト接続として使用する接続を ZIETrans アプリケーションに渡す必要があります。この場合、必ず HttpServletRequest で要求パラメーターを設定してから、その要求を ZIETrans アプリケーションに転送してください。パラメーターは CommonConstants.ZIETrans_EXISTING_CONN です。このパラメーターに必要な値を取得するには、チェーンの最後の統合オブジェクトで getHPubEndChainName メソッドを呼び出します。

例えば Web プロジェクトでは FORM は以下のようになる可能性があります。
<FORM NAME="exampleLink" METHOD="GET" ACTION='<%= response.encodeURL(request.getContextPath()+"/entry")%>'> <INPUT TYPE="HIDDEN" NAME="<%= CommonConstants.ZIETrans_EXISTING_CONN %>" VALUE="<%= ExampleIO.getHPubEndChainName()%>" /> <INPUT TYPE="submit" VALUE="Return to ZIETrans application" /> </FORM>
また、「ZIETrans ツール」メニューを使用して 「ZIETrans アプリケーションへの転送の挿入」を行うこともできます。このオプションは、1 つの例外を持つコードを 自動的に挿入します。以下の行は含まれません。
<INPUT TYPE="HIDDEN" NAME="<%= CommonConstants.ZIETrans_EXISTING_CONN %>" VALUE="<%= IntegrationObjectName.getHPubEndChainName() %>" />
接続を ZIETrans アプリケーションに渡す場合、JSP を編集して "FORM NAME=" コード行の直後にコード行を追加する必要があります。

その他の場合 (デフォルト接続をオープンしてから転送アクションを起動する場合や、統合オブジェクトが転送アクションを使用しない場合) は、接続を戻す必要はありません。これらの場合、記載の例から最初の INPUT ステートメントを省略できます。

注: JSP/統合オブジェクト・ロジックを ZIETrans アプリケーションへの最初の入り口にすることができます。この場合、ZIETrans アプリケーションを駆動し、JSP/統合オブジェクト・ロジックで確立した接続を ZIETrans アプリケーションに渡し、デフォルト接続として使用させるように指定したコードを使用します (接続をデフォルト接続定義から作成した場合)。