グローバル規則

グローバル規則を使用すると、ホスト入力フィールドのパターン認識と変換が可能になります。また、 グローバル規則では、カスタマイズした画面、およびカスタマイズしていない (デフォルト・レンダリングの) 画面が 処理されます。グローバル規則は、プロジェクト・レベルと、画面レベルの両方で定義できます。このタブは、画面レベルのグローバル規則を指定するときに使用します。グローバル規則を定義する方法について詳しくは、「グローバル規則」を参照してください。

画面レベルのグローバル規則を適用すると、画面に対してデフォルトのレンダリングを使用できるだけでなく、画面上の入力フィールドをカスタマイズできます。例えば、画面レベルのグローバル規則で、「指定した領域内で入力フィールドを検索」パターン・タイプを使用すると、ある画面上でカスタマイズする入力フィールドを正確に特定する (例えば、ある特定のテーブル内のデータ) ことができる一方で、その画面に対して引き続きデフォルト・レンダリングを使用できます。

プロジェクト・レベルと画面レベルの両方のグローバル規則が同じ入力フィールドに定義されている場合は、画面レベルの規則が優先されます。