ランタイム環境でのアプリケーションのインストール

ZIETrans プロジェクトを Java™ EE アプリケーションとしてエクスポートし、アプリケーションの .ear ファイルを実動システムに転送した後WebSphere® 管理コンソールを起動してそれをインストールし、.ear ファイルの場所を参照します。WebSphere Application Server へのアプリケーションのインストールについて詳しくは、WebSphere Application Server のライブラリー (http://www.ibm.com/software/webservers/appserv/was/library/) を参照して、ご使用の WebSphere Application Server のバージョン用の Knowledge Center のリンクを選択してください。ご使用の WebSphere Application Server 製品のコンテンツで、アプリケーションの展開に関する章を参照してください。

アプリケーションがインストールされた後、別のシステム上の Web ブラウザーでこの URL を指定して開いて、これをテストします。問題がなければ、この URL をユーザーに公開することができます。URL は、例えば http://hostname/ZIETransappname/ というようになります。ここで、hostname が WebSphere Application Server がインストールされている IP ホスト名とドメインで、ZIETransappname がご使用の ZIETrans アプリケーションの名前です。

注:
  1. 特定のプラットフォームへの ZIETrans アプリケーションのインストールについての詳細は、ZIETrans Infocenter (https://zietrans.hcldoc.com/help/index.jsp) を参照してください。
  2. ZIETrans アプリケーションを Java 2 セキュリティーを使用可能にして WebSphere Application Server に展開した際にアプリケーションが開始しない場合、詳細については、「Java 2 セキュリティー」を参照してください。
  3. ZIETrans は、同じワークステーションから同じ ZIETrans アプリケーションにアクセスする複数のブラウザー・インスタンスをサポートします。ただし、これらの複数のブラウザー・インスタンスは、同じ HTTP セッション ID を共有してはなりません。

    ZIETrans アプリケーションにアクセスするブラウザーと WebSphere Application Server の間のセッションには、HTTP セッション ID が割り当てられます。この HTTP セッション ID によって、同じブラウザーからの後続の要求を同じ ZIETrans アプリケーションに戻すことができます。後続の要求は、サーバー上の ZIETrans アプリケーションとホストの間に存在する同じ Telnet (3270 または 5250) セッションを使用します。

    さまざまなブラウザーが、さまざまな方法で HTTP セッション ID を実装しています。Microsoft Internet Explorer は、同じプロセス内のすべてのブラウザー・セッションが同じ HTTP セッション ID を共用することを想定しています。同じショートカットを使用して新規ブラウザー・ウィンドウを起動すると、新規ブラウザー・セッションが開始され、同じプロセスと同じ HTTP セッション ID を共用します。

    固有の HTTP セッション ID を持つ新しい Internet Explorer プロセスを開く 1 つの方法は、例えば、Windows XP で、Internet Explorer がスタート・メニューにある場合、「スタート」>「Internet Explorer」を選択することです。「スタート」>「すべてのプログラム」>「Internet Explorer」を選択しても、固有の HTTP セッション ID を持つ新しい Internet Explorer プロセスが開始されます。

    注:
    1. Internet Explorer の Ctrl-N 機能では、新しいプロセスは開始されません。これは、発生元のウィンドウと同じプロセス ID と同じ HTTP セッション ID を持つ新しいウィンドウが開かれるためです。
    2. Internet Explorer 8 の場合、「ファイル」>「新規セッション」を使用して、固有のセッション ID を持つ新しいブラウザーを開くことができます。
    注:
    Internet Explorer では、メニュー・バーから「表示」>「ソース」を選択するか、または Internet Explorer ブラウザー・ウィンドウで右クリックして「ソースの表示」を選択し、ページのソース・タグ設定を表示することにより、ブラウザー・ウィンドウの HTTP セッション ID を見つけることができます。ソース・ウィンドウで、次に示すような ZIETrans Form タグまでスクロールダウンします。その Form タグ内で、次に示すような SESSIONID パラメーターを見つけます。
    <INPUT TYPE="HIDDEN" NAME="SESSIONID" VALUE="PIOncS1GehNWxWo_49VCBzC" />
    注:開始時に画面のデフォルト変換の表示のみを行い、マクロは実行しない ZIETrans アプリケーションにアクセスすると、SESSIONID の値は「INVALID」です。SESSIONID 値は、ホストに対して何かを送信 (Enter キーを押すなど) して応答を取得したときに割り当てられます。

    Windows でタスク・マネージャーを使用することにより、新しいプロセスが開始されているかどうかを確認できます。タスク・マネージャーを開始し、「プロセス」タブの「イメージ名」列見出しをクリックして情報をイメージ名でソートします。スクロールダウンして、リスト内に「iexplore.exe」プロセスがいくつあるかを確認します。「スタート」>「Internet Explorer」ショートカットを使用して、新しい Internet Explorer ウィンドウをいくつか開始してみてください。新しいプロセスが開始されると、新しい iexplore.exe プロセスが表示に追加されます。それ以外の場合は、既存のプロセスが新しいブラウザー・ウィンドウを制御しています。

  4. ZIETrans では、アプリケーションの web.xml ファイルに定義されているアプリケーションの表示名が、ブラウザーの URL で使用する Web アプリケーションのコンテキスト・パスと一致している必要があります。表示名値をアプリケーションのコンテキスト・パスと異なる値に変更すると 、ZIETrans アプリケーションを実行したときに java.lang.nullPointerException エラーまたは javax.servlet.ServletException エラーが発生することがあります。例えば、MyZIETransProject という名前の ZIETrans プロジェクトでは、MyZIETransProject がデフォルトの表示名です。このプロジェクトを Web アプリケーションとしてデプロイしたときに正しく作動させるには、http://myServer/MyZIETransProject/ のような URL でアクセスできる必要があります。表示名を MyZIETransProject 以外の何らかの値に変更すると、アプリケーションが作動不能になります。