ホスト・コンポーネントを挿入

「ホスト・コンポーネントを挿入」ウィザードを使用して、ホスト・コンポーネントを抽出する画面を選択します。また、テキストの周囲に長方形を描いて、ホスト・コンポーネントを抽出する画面領域を選択します。カーソルを画面上の一点に置き、左マウス・ボタンをクリックして押しながら別の点に移動して長方形を描きます。ウィザードの最下部のフィールドに、長方形の開始点および終了点の行番号とカラム番号が表示されます。行番号と カラム番号は、このフィールドにユーザーが入力することもできます。

ホスト画面の特定のフィールドを強調表示するには、「強調表示するフィールド」の隣にある各オプションを選択します。入力フィールドが画面上で定義されている位置を表示するには、「入力」チェック・ボックスを選択します。保護フィールドを表示する場合は、「保護」チェック・ボックスを選択します。隠しフィールドを強調表示するには、「非表示 (Hidden)」チェック・ボックスを選択します。入力フィールド、保護フィールド、隠しフィールドの強調表示色を変更する方法については、「ZIETrans プリファレンスの使用」を参照してください。画面の開始点および終了点の行番号とカラム番号を選択したら、「次へ」をクリックして、選択した領域にあるホスト・コンポーネントのレンダリング・オプションを表示します。

ZIETransホスト・コンポーネントウィジェットを提供します。提供されるホスト・コンポーネントウィジェットのいずれかを選択するか、独自のカスタム・ホスト・コンポーネントウィジェットを作成できます。ホスト・コンポーネントおよびウィジェットについて詳しくは、「コンポーネントおよびウィジェットの説明と設定」を参照してください。

「コンポーネント」リスト内で、いずれかのコンポーネントをクリックします。画面領域にコンポーネントが存在する場合は、「コンポーネント・プレビュー」ウィンドウにそのコンポーネントが表示されます。コンポーネントに対してテキスト置換を使用する場合は、コンポーネント・リストの右側にある「テキスト置換」アイコンをクリックし、設定を開いて編集します。テキスト置換について詳しくは、「テキスト置換」を参照してください。

対応する「ウィジェット」リスト内のウィジェットから、ホスト・コンポーネントのレンダリングに使用するウィジェットを選択します。ウィジェットを選択すると、「ウィジェット・プレビュー」ウィンドウに、最終 Web ページに表示されるウィジェットのプレビューが表示されます。「大きいウィンドウでウィジェットをプレビュー」アイコン (虫眼鏡) をクリックすると、ウィジェット・プレビューを拡大できます。

コンポーネントとウィジェットの個々のインスタンスのデフォルトのプロジェクト・レベルの設定は、「コンポーネント」リストと「ウィジェット」リストの右側にある「コンポーネント設定」アイコンと「ウィジェット設定」アイコンをクリックすることでオーバーライドできます。コンポーネントとウィジェットのデフォルトのプロジェクト・レベルの設定は、プロジェクト・エディターの「レンダリング」タブを使用して構成されます。詳しくは、「レンダリング」を参照してください。

拡張レンダリング・オプションを指定する場合は、「ウィジェット」リストの右側にある「レンダリングの拡張設定」アイコンをクリックします。プロジェクト・レベルのデフォルトの拡張レンダリング設定は、プロジェクト・エディターの「レンダリング」タブを使用して構成されます。詳しくは、「レンダリング」を参照してください。

ZIETrans Web プロジェクトの場合、「全ページのプレビュー」をクリックすると、ページ内のすべてのコンポーネントおよび関連するテンプレートが表示されます。このプレビューでは、ページがユーザーに表示されるとおりに表示されます。
注: ZIETrans コンポーネントを変換のフリー・レイアウト・テーブルに挿入すると、「ホスト・コンポーネントを挿入」ウィザードの「全ページのプレビュー」機能で、フリー・レイアウト・テーブルの上部に常に新規コンポーネントが表示されます。プレビューで誤った表示になる場合もありますが、ウィザードで「完了」をクリックすると、コンポーネントはテーブル内の正しい位置に挿入されます。
全ページのプレビューを参照するには、ZIETrans Toolkit の以下のいずれかの領域に配置されているプレビュー機能を使用してください。

「ホスト・コンポーネントを挿入」ウィザードを使用してカスタマイズできる設定については、「コンポーネントおよびウィジェットの設定」を参照してください。使用できるウィジェットは選択したホスト・コンポーネントによって異なります。表 1 は、既存の ZIETrans ホスト・コンポーネントと対応するウィジェットを示しています。

ZIETrans では、画面領域内にコンポーネントが検出されないと、「コンポーネントのプレビュー」ウィンドウに「指定した領域で component_name コンポーネントは見つかりませんでした。」というメッセージが表示されます。ここで、component_name は、「コンポーネント」リストで選択したコンポーネントを表します。このメッセージが表示された場合は、コンポーネント全体を含む領域が選択されていない可能性があります。場合によっては、「コンポーネント設定」ダイアログを使用して、コンポーネントの設定をホスト・アプリケーションのコンポーネント表示方法に合わせて変更する必要があります。例えば、領域内にコマンド行コンポーネントがあり、ご使用のコマンド行ではトークン ==> の代わりに >>> を使用している場合があります。この場合は、コマンド行コンポーネントのトークン属性を変更して、正しいトークンでコマンド行コンポーネントを探すように修正できます。

コンポーネントとウィジェットを選択したら、「完了」を選択します。