マクロ

「マクロ」タブには、接続マクロ、切断マクロ、およびチェックイン画面に関する情報が表示されます。両マクロとも、オプションです。この情報は、プールが使用できない場合でも、この 2 つのマクロが適用可能ため、プール情報とは別のタブ上にあります。

「接続マクロ」および「切断マクロ」の各ドロップダウン・リストから、接続マクロと切断マクロを選択します。

「接続マクロ」は、接続を最初に作成したときに、自動的に実行されます。接続マクロで許可されているプロンプトは、ユーザー・リストまたは Web 高速ログオンの使用に合致しているものだけです。プールが使用可能な場合、ZIETrans サーバーの初期化時に接続マクロが実行されます。プールが使用不可の場合、ZIETrans アプリケーションへの最初の要求が作成されたとき (通常は、接続イベント中) に接続マクロが実行されます。
注: ユーザーの信任状を使用して自動サインオン・マクロを実行する必要がある場合は、接続マクロを使用する代わりに、接続イベントにマクロ実行アクションを追加することができます。マクロの再生アクションを使用したマクロ実行では、プロンプトに対話式に応答したり、開始イベント中などに初期化されたグローバル変数を使用して対応したりできます。

「切断マクロ」は、接続が破棄されると、自動的に実行されます。切断マクロでは、プロンプトを使用できません。プールが使用可能な場合、ZIETrans サーバーのシャットダウン時に切断マクロが実行されます。プールが使用不可の場合、ZIETrans アプリケーションが接続を解放してシステムに戻すときに (通常は、切断イベント中) 切断マクロが実行されます。

「チェックイン画面」は、接続をプールに参加させるために経由する必要がある画面を表します。チェックイン画面は、プールが使用可能な場合だけに、使用できます。通常は、チェックイン画面は、接続マクロの終了画面と同じです。また、切断マクロの入力画面とも一致します。

チェックイン画面セクションは、「プール」タブでプールを使用可能にした場合に限り利用可能となります。プールが使用可能になると、チェックイン画面セクションには、以下のオプションが表示されます。 チェックイン画面に対して、認識基準を指定することもできます。画面認識基準の定義方法の説明については、「画面認識基準または開始画面」を参照してください。
注: チェックイン画面を不明確に定義すると、ユーザーのプールが無駄になります。明確な認識基準を追加することお勧めします。

マクロについて詳しくは、「マクロとホスト端末」を参照してください。接続マクロを使用すると、ユーザー・リストを設定して、接続の使用可能なユーザーのリストを指定することができます。