マクロとホスト端末

画面のセットを定義する XML スクリプトをマクロといいます。各画面には、画面の説明、画面に対して実行するアクション、および アクションが実行された後で表示される 1 つまたは複数の画面セットが含まれる。

ZIETrans は、ホスト・アプリケーション・プロセスの速度およびカスタマイズを高めるためのマクロ・ベースのカスタマイズをサポートしています。マクロは、次の機能で使用できます。

マクロを使用して、次の機能のいずれかまたはすべてを実行できます。
画面スキップ
画面スキップ・マクロは、途中の画面を表示せずに、1 つの画面から別の画面へとユーザーを導くナビゲーション・マクロです。
プロンプト
プロンプト・マクロには、ホスト・セッション中にユーザーに入力を要求するステップが含まれています。ユーザー・リストからプロンプトを設定することもできます。例えば、プロンプト・マクロを使用して、ホスト・アプリケーションにログインする前に、ユーザーにユーザー ID とパスワードの入力を要求することができます。
注: ユーザー・リスト・プロンプトは、接続マクロでのみ使用できます。

プロンプト・マクロは、開発者が定数の値、またはグローバル変数から取得した値を提供するために使用することもできます。

抽出
抽出マクロには、ホスト画面情報をストリング、ストリングのリスト、またはテーブルとして抽出するイベントが含まれています。例えば、抽出マクロを使用して、ディレクトリー・タイプのホスト・アプリケーションに接続し、そのディレクトリー内での検索の結果を抽出することができます。

ZIETrans Toolkit に記録またはインポートされているマクロは、ZIETrans マクロ・ファイル (.hma) に保存されます。プロジェクト内で定義されているマクロを見るには、ZIETrans Toolkit「ZIETrans Projects」ビュー内の「マクロ」ノードを展開します。

ZIETrans には、ZIETrans マクロの表示と変更に使用できる 3 つの異なるエディターが用意されています。マクロ・エディター、拡張マクロ・エディター、および Visual Macro Editor です。Visual Macro Editor が ZIETrans マクロのデフォルト・エディターです。マクロ名をダブルクリックすると、Visual Macro Editor が開きます。Visual Macro Editor の詳細については、「ZIETrans 拡張マクロ・ガイド」の「Visual Macro Editor」の章を参照してください。

マクロ・エディターを開くには、マクロの名前を右クリックして、「アプリケーションから開く」>「マクロ・エディター」を選択します。

拡張マクロ・エディターは、マクロ・エディターの「概要」ページから開きます。拡張マクロ・エディターの詳細については、「ZIETrans 拡張マクロ・ガイド」の「拡張マクロ・エディター」の章を参照してください。

注: マクロ・エディターと拡張マクロ・エディターのサポートは、ZIETrans V1.0 では非推奨になりました。現在はサポートを継続していますが、これ以降の製品リリースで削除される可能性があります。このサポートは Visual Macro Editor により置き換えられます。