条件基準

「条件基準」を使用すると、マクロ・ランタイムが画面認識時に評価する条件式 (例えば、$intNumVisits$ == 0) を指定できます。

画面認識時にマクロ・ランタイムは、条件式を評価し、ブール結果を得ます。

条件式が true に評価される場合、マクロ・ランタイムはこの記述子を true と評価します。false に評価される場合、マクロ・ランタイムはこのディスクリプターを false として評価します。

条件基準は、マクロ・ランタイムが、1 つ以上の変数の値、または Java™ メソッドの呼び出しの結果に基づいて、次に処理されるマクロ画面を判別できるようにすることによって、画面認識の柔軟性と能力を向上させます。

「条件」入力フィールドに、マクロ・ランタイムが画面認識時に評価する条件式を入力します。

「オプション」および「反転」チェック・ボックスの説明については、「オプションおよび非オプションの画面認識基準」および「画面認識基準の反転一致」を参照してください。