コマンド行

コマンド行コンポーネントは、入力フィールドの前に特定の文字ストリング (トークン) を持つ入力フィールドを認識します。

認識されたコマンド行は、以下のウィジェットによるレンダリングが可能になります。
次の図に、ホスト画面上のコマンド行コンポーネントの表示例を示します。
図 1. コマンド行コンポーネントの例
コマンド行コンポーネントの例
  1. フィールドの表題 (抽出)
以下の設定が、このコンポーネントに対して構成できます。
トークン
入力フィールドに先行することが必要な文字列
フィールドの表題を抽出
選択した入力フィールドの使用可能な表題を抽出する場合は、このチェック・ボックスを選択します。
表題のスペースをトリム
詳しくは、「入力フィールド」を参照してください。
選択領域にクリップ
詳しくは、「入力フィールド」を参照してください。